リズムのイメージがつかめない理由

LINEで送る

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

ジュディマリの『散歩道』の続きです。

おさらいでイントロから弾きはじめました。

 

前回は先生がメインで弾くことが多かったので、

今回は僕が最初から弾いていこうということでした。

 

最初は難なくリズムよく指が動いたけれども、

キメに入るところでリズムがつかめなくて

何度かやり直し。

 

けれど、何度やってみてもリズムがつかめない。

 

こんなときは

「リズムを歌って弾きましょう」と教えられ、

 

タータタ、タタター

と歌ってみる。

 

リズムを歌えなければ弾けない、

ということはよく教えられます。

 

ただ、今回は歌いにくいというか、

 

どう歌えばいいのかがわからなかった。

 

すると先生から、

「楽譜を見て歌えないのは、楽譜が読めていないからです。」

 

と言われて楽譜の読み方を

教わることになりました。

 

バンドをやっている人で

楽譜が読めない人は案外いるそうです。

 

マズイっ!

僕もそのうちの1人!

 

4分音符や8分音符などの

意味はわかっていても、

 

付点8分音符と休符が絡んだ小節で

リズムが読めない。

 

ん?これ、リズムをどうやってとればいいの?

 

と、こんな感じ。

 

この日のレッスンは、

楽譜を見てリズムを歌う練習に変わりました。

 

先生がホワイトボードに例を書いて、

そのリズムをひたすら歌う。

 

最初は頭を使って少し大変。

なかなかスラスラ歌えない。

 

何回も詰まりました。

 

繰り返し繰り返し。

 

パターンが覚えられたら

 

ちょっとずつ慣れてきて。

 

レッスン終盤はだいぶ歌えるようになりました!

 

でもこれ、少しサボるとすぐにできなくなるな・・・。

 

なんとか習慣にしてできるようにならなきゃ。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-07-03 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment