ピック弾きは筋トレに近い

LINEで送る

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

ピック弾きがすごくヘタだなと

自覚していたので、

 

ピック弾きでやる曲、

特にオルタネイトピッキングの曲を

練習することにしました。

 

ラルクのセッションを

毎回企画してくれていた方が

仕事の都合でなかなか時間がとれなくなったようなので、

 

ジュディマリの練習をしようと決めました。

 

ジュディマリのセッションは

定期的に行われているようなので、

いいモチベーションになるかな、

なんて思ってます。

 

で、課題はオルタネイトピッキングができない。

 

今までのピック弾きは

ラルクの曲がメインで

ずっとダウンピッキングだったんですよね。

 

だからアップピッキングが

うまくできない。

 

ピック弾きの基本が

今までずっとできずにいたわけです。

 

これはヤバイ!

 

だから

ピック弾きの練習曲として

BLUE TEARSを選びました。

 

もとのテンポ193から

153に落として始めることにしました。

 

でも、アタマで合わせても

だんだんズレてくるんですよね。

 

どうしてもウラ拍でズレちゃいます。

 

なので、

 

アップピッキングができるように

ゴースト音で確認する練習に変わりました。

 

ピックの当て方が慣れてないから

感覚をつかむのに時間がかかりました。

 

弦に当てるときの角度が悪くて

ジャリジャリ音が続いてたんですが、

 

真っ直ぐに当てる意識を持って

 

5分ぐらいやっていったら

 

キンキンという金属音が出だして、

 

リズムがつかみやすくなりました。

 

でも慣れてないことをやるもんだから

すぐ疲れてリズムがずれてくる。

 

こんなときは少し休んでから弾く。

 

そして疲れたらまた休む。

 

そうやって体のアップデートをしましょう、

 

と先生からのアドバイスを受けました。

 

この繰り返しをするんですが、

弾きはじめたときは

ジャリジャリ音が少し出るんですよね。

 

しばらく続けると

キンキンというきれいなピッキングの音が出てきした。

 

繰り返してやっていくと、

弾きだしてから

きれいな音が出るまでの時間が

だいぶ短くなっていきました。

 

こうやって体に覚えさせていく

練習方法を教えてもらいました。

 

右腕がちょっとした筋肉痛のような

感じになるので、

 

右腕を慣れさせる練習でした。

2018-10-02 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment