リズムを刻めるようになるためには

LINEで送る

こんにちは。

ベース科の生徒の藤本です。

 

 

僕はリズムがハシりがちなタイプです。

 

運動能力は低いほうなので

演奏のときは遅れてはいけないという焦りから

少しずつテンポが早くなってしまいます。

 

 

なかなか解決ができていない課題です。

 

そこで先生からの指導で

ドラムをやってみることになりました。

 

リズムを正しく知るには

ドラムのことを知る。

 

 

スティックの持ち方からスタートです!

 

まあ、当然初心者だから何もできません。

すぐに姿勢が崩れるわ、

まともに叩けないわ、

リズムに乗れないわ、

・・・・・・・・

 

 

全くの初心者のうちが一番難しい。

 

 

8ビートなんて全然叩けません。

 

 

スネアをひたすらキン、キン、キン・・・・・

 

 

一定のリズムどおりに叩けないから

右手の使い方だけであっという間に時間が過ぎます。

 

 

少しずつわかってきたのは

姿勢を正しくしておかないと

クリアな音が出ないことなんです。

 

 

すーっごい地味な練習だったけど

時間が全然足りないという感想でした。

 

 

これからしばらくはドラムの練習も

増えていきます。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-09-01 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment