ラルクアンシエルのC’est la vieでシャッフルの練習して気づくこと

LINEで送る

こんにちは。

ベース科を受講している藤本です。

 

今回はシャッフルの練習です。

わかってもできていないことを

やることになりました。

 

選んだ題材は

ラルクファンなら知っている「C’est la vie」という曲。

大ブレイク前に作られた曲で、シングル曲でもありません。

https://youtu.be/2ISUZA-vkuU

 

 

ライブでもなかなか演奏されないのですが、

弾いてみたいなと思って先生に提案しました。

だから練習してみるのですが、難しい!

 

 

そんなにややこしいフレーズがないのですが

リズムが難しくて刻めません。

 

個人的にはドラムでリズムパターンを体に叩き込んでから

ベースで練習するのがベストでした。

 

ドラムはスネアだけで練習です。

スネアでベースのピッキングパターンを

ひたすら叩いて体に覚えさせました。

 

充分覚えられたところで

ベースを持ったのですが・・・!

 

 

なんということでしょう。

 

リズムが理解できても弾けません。

 

 

この曲は1小節に2つのリズムパターンがあるかのような

錯覚になってしまいます。

 

オモテで合わせたら、ウラに合わせるリズムに変わり、

最後にまたオモテに戻る。

 

スネアでの腕1本ずつの動作ではできても、

ベースで指1本1本の動きができるようになりません。

 

あまりにできないでいると

リズムのイメージも狂いだしてきて、

その度にドラムに戻ってイメージを取り戻す。

 

これを繰り返しました。

 

頭でわかっても、体がついてゆかずに

歯痒い気持ちになります。

 

 

「わかる」と「できる」は違うことを、

身をもって思い知らされる曲でした。

 

選んだ曲も難易度が高いもので無理もないですが。

 

 

そもそもなぜ

ラルクアンシエルの「C’est la vie」を選んだのか。

 

シャッフルの曲を練習するときに

僕が好きな曲を聞かれたのですが、

好きなシャッフルの曲が思いつきませんでした。

 

僕が好きなアーティストは

シャッフルの曲を作らない人ばかりです。

 

それで考えて思いついたのがこの曲だったのです。

 

でも、難しかったですね。

 

 

曲自体の練習は進まず

リズムが50%ほど刻めるようになるのに

レッスン1回分を使いました。

 

やはりラルクアンシエルは難しいです。

弾けるようになりたいアーティストですが、

すぐ弾けるようにはなりませんでした。

 

 

次回はもう少し易しい曲をするということで

先生から提案していただきました。

 

プリンセス・プリンセスのDiamondsです。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

………………………………………………………………………………………………………

2020-10-01 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment