鬼滅の刃『紅蓮華』は初心者でも遊べる!

LINEで送る

こんにちは。

ミュージックワープハウスのベース科を受講している藤本です。

 

鬼滅の刃の主題歌『紅蓮華』を練習することにしました。

鬼滅の刃は、個人的には遊郭での戦いが好きです。

 

 

主題歌の紅蓮華はノリがいい!

弾いたら楽しいだろうな。

 

弾きたくなったので練習することにしました。

 

 

アニソンは難易度が高い曲が多いですが、

紅蓮華は覚えやすくて演奏しやすいので、

初心者にも楽しめるのではないかなと思います。

 

 

難しいフレーズがないから覚えやすいのが特徴です。

 

先生からのアドバイスとして

サビに入るところなどに休符を使ったキメが多いので

音符の長さに注意すれば

ひと通り弾ける曲だということでした。

 

たしかに言われたとおり、

ベースはルート音がほとんどです。

 

 

ただ1つ、この曲を弾くうえでの注意点。

 

 

それはこの曲が5弦ベースで演奏されていること。

 

 

最初はE弦の音をDに下げて

ドロップDチューニングで弾いているのかなと思いきや、

5弦ベースで演奏されていたのです。

 

楽譜を見て気づき、

先生に音の確認をしました。

 

 

そう、5弦で編集されている楽譜に

4弦の音を書きこんでいく作業からの始まり。

 

この作業を進めていくと、

今度は「?」と思う記載が。

 

 

N.C. (ノンコード)

え?コードがない小節??

 

 

でも、ギターはパワーコードを弾いている・・・。

 

 

N.C.なのにコードを弾いている。

何の意図があってこの表記なんだろう?

 

 

ベースもN.C.の小節では

テクニカルなフレーズを入れているのです。

 

先生からの意見として

「『遊んでくださいね。』ということかもしれませんね」

 

 

なるほど!

遊べ!ということか。

そう解釈することにしました。

 

N.C.の小節では

いろんなフレーズを作ってみたり

スラップで弾いてみたりするのも

いいかもしれませんね。

 

かなりロックの曲調だから

激しいフレーズが似合いそうです。

 

 

技術的には楽器を始めたばかりの人も

楽しめる曲だと思います。

 

 

 

ライブでラスト曲にすると

かっこいいバンドになりそうです。

 

……………………………………………………………………………………………………….

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

………………………………………………………………………………………………………

2020-10-24 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment