ドビュッシー

LINEで送る

こんばんは。MWH代表のnamiです。突然ですが皆さん、ドビュッシーという作曲家をご存知ですか?
クラシックの中でも新しい印象派のクロード・アセル・ドビュッシーですが、
ドビュッシー3
最近、金曜ロードSHOWで映画「さよならドビュッシー」を放送していて。
ドビュッシー2

ドビュッシー1
内容はまだ見ていない人もいるかもしれないので割愛しますが、それに影響されて、昔ピアノで弾いていた「小さなドビュッシー」を久しぶりに弾きました。指は覚えてるもんですねぇ。。

ピアノは1日休むと3日前に戻ると言いますが、とても印象に残っている曲だからかな。
なんせ印象派のドビュッシーを思い描いて作られた曲ということもあるのでしょう。

(※生徒の皆さんは休まずに練習しましょう。)

ちなみにドビュッシーのお墓はパリの16区にあるのですが、昨年パリで滞在していた場所が15区。
どちらもそこそこ立地がよく、歩いて行ける距離。確かエッフェル塔は16区だったと思います。

その辺の道で突っ立って電話してるサラリーマンがモデル並みにかっこよくて、バスに乗ってるおじいちゃんの服がピンクとか色鮮やかで、テーラーなんかを覗くと、日本みたいな白シャツなんて1枚もなく、ビジネス用のシャツもめちゃ柄ものばっか。

お昼時になると紙に包まれたバケットを持ってる人が多く、だいたい昼以降、カフェでお茶飲んでる人は、お茶じゃなくワイン。仕事中でもOKらしい。ベランダに洗濯物干すと罰金だし、何かにつけてオシャレ。

こんな街で昔に作られた音楽だもの。みなさんもドビュッシー、聴いてみてください。

月の光が有名かな。

 

<参考に>
http://www.worldfolksong.com/classical/debussy/

2016-03-21 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment