春うらら

LINEで送る

皆さん、こんにちは。MWH代表namiです。

桜が満開になり、お花見シーズンまっただ中ですね。大阪は今週いっぱいお花見できるそうですよ。

春の風を感じるとなんだか人知れぬ曲が浮かんできます。どちらかと言えばメジャーキーで調号には#が3つ4つついていて、跳ねる感じのメロディ。

110415_ND33570

ところで調号って何のことか分かりますか?
ト音記号やヘ音記号の右にある#や♭のことです。
つく順番が決まっていて、いくつついているかでキー判断します。

0c29ec75934e391e61ac65604753a1abfc249aa9.89.2.9.2

こちらは♭が1つ。この場合は「キーF」か「キーDm」。メジャーキーかマイナーキーかはコード進行で判断します。

では、順番ですが、
# ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ
♭ シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファ
となります。

キー判断の仕方は、#系の場合、最後の#の半音上の音がルート。
例えば#1つだと、最後の#はファ#。なので半音上のソがルートとなるので「キーG」。
#2つだと、最後の#はド#なので半音上のレがルート。キーはD。

マイナーキーはメジャーキーの短3度下(半音3つ下)

例えば#1つだと、Gから短3度下で「キーAm」。
#2つだとDから短3度下の「キーBm」。

♭系のキー判断は、最後から2つ目の♭がルートになります。
♭1つはキーF(これは覚えておく)
2つは最後から2つ目の♭がシ♭なのでキーB♭。

マイナーキーは#系と同じく短3度下となります。

th

お分かりですか?
そしてもう一つ!調号以外に譜面の途中に出てくる臨時記号!!
これは調号が#系なら#を、♭系なら♭を。
ただ、これにはいくつかのルールが存在し、時と場合によるので注意が必要です。
例えばメロディが上行する場合は#をつける、下行する場合は♭をつけるというルールもあります。
これは前後のメロディがどう動くかによって変わるので、少し勉強が必要ですね。

thum0www_dotup_org368026

今日は理論講座のようになってしまいましたが、音楽理論もなかなか面白いですよ。
では、日本の美の象徴である桜を満喫して、また新たな一年を楽しみましょう♪
Let’s enjoy(^_-)-☆

2016-04-05 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment