blog

ベースの意外なリズムトレーニング

こんにちは!

ベース科 生徒の藤本です。

 

 

「ドラムをやってみましょう!」

 

先生の一言に僕は耳を疑いました。

 

リズムを理解するためのドラムレッスンが始まりました。

 

スティックの持ち方から始まり

叩き方を教わりました。

 

大事なのは手の動きよりも姿勢であると、

何度も言われて矯正されました。

 

 

姿勢を保てるようになれたら、

ここからが地道な練習の始まりです。

 

ダブルストロークの感覚をつかむまで

何度も何度も

ひたすらスネアを叩きました。

 

一振りで2回叩くのだから

感覚を完全につかまないとできません。

 

ベースと同じ。

 

ドラムも一番最初が一番大変なのです。

 

 

ストロークの感覚をある程度つかむ練習だけで

気づけば3時間が経っていました。

 

難しいのは利き手ではない左手。

 

とくに、脳の指令が伝わりにくい薬指と小指です。

左手の2打目でリズムがくずれてしまいます。

 

できるまで

延々と同じ動作の繰り返し。

 

端から見ると、すっごく地味です。

 

でも、少しずつ

少しずつわかってきます。

 

ベースでも

かっこいいパフォーマンスができるようになるには

何百時間かかるのです。

 

 

 

そもそも何故ドラムの練習をすることになったのか?

 

 

ジュディマリのBLUE TEARSを弾いた時に

先生からリズムの指摘を受けたからです。

 

 

さらに、

ラルクが弾けるようになりたいのに

なぜジュディマリだったのかというと、

 

ラルクの曲を弾きたくて

セッションイベントに参加しましたが、

 

イベント主催者が異動になりました。

 

イベント主宰者はスタジオの店長さんでしたが、

エンジニアに移ったのです。

 

店長さんはエンジニアに移る直前に

ジュディマリのセッションにも

力を入れ始めてました。

 

それで第1回目としてジュディマリセッションが催されたのです。

 

参加してみると、

毎月ジュディマリセッションを

開催している主宰者も参加していました。

 

僕自身、ジュディマリにも好きな曲はありますしね。

これからはジュディマリセッションにも参加してみよう。

 

かなり難しいですけどね。

 

このような感じで練習を始めました。

 

 

 

僕の場合はリズムがはしる癖がありますが、

弦移動のときにずれる問題もあります。

 

 

ベースを弾く技術もそうですが

リズムがどうしてもずれるのは

ドラムを理解できていないことが1つの原因でもあると。

 

 

先生から指摘されました。

 

 

親指と人差し指だけでスティックを持って1打目を叩き、

反動で跳ねたスティックを

薬指と小指で軽く握るようにして2打目を叩く。

 

スティックが跳ねる高さは右手左手そろえる。

 

 

8ビートができるようになるまで

まだまだ時間がかかりそうです。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-10-19 | Posted in blogNo Comments » 

 

リズムを刻めるようになるためには

こんにちは。

ベース科の生徒の藤本です。

 

 

僕はリズムがハシりがちなタイプです。

 

運動能力は低いほうなので

演奏のときは遅れてはいけないという焦りから

少しずつテンポが早くなってしまいます。

 

 

なかなか解決ができていない課題です。

 

そこで先生からの指導で

ドラムをやってみることになりました。

 

リズムを正しく知るには

ドラムのことを知る。

 

 

スティックの持ち方からスタートです!

 

まあ、当然初心者だから何もできません。

すぐに姿勢が崩れるわ、

まともに叩けないわ、

リズムに乗れないわ、

・・・・・・・・

 

 

全くの初心者のうちが一番難しい。

 

 

8ビートなんて全然叩けません。

 

 

スネアをひたすらキン、キン、キン・・・・・

 

 

一定のリズムどおりに叩けないから

右手の使い方だけであっという間に時間が過ぎます。

 

 

少しずつわかってきたのは

姿勢を正しくしておかないと

クリアな音が出ないことなんです。

 

 

すーっごい地味な練習だったけど

時間が全然足りないという感想でした。

 

 

これからしばらくはドラムの練習も

増えていきます。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-09-01 | Posted in blogNo Comments » 

 

ベースのピック弾きが上手くなるには意外なコツがあった!

ベース科 生徒の藤本です。

 

ピック弾きが少しずつ慣れてきました。

けれど慣れてきたところで

問題が出てきました。

 

 

リズムがずれてしまうのです。

 

弾いているところを先生に見てもらうと

右手にはそれほど問題はないようでした。

 

え?それだと何が原因?

 

なんと、指摘されたのは

左手だった!!

 

 

リズム感もそんなにできているわけではないですが

それは別で、

 

運指。

 

 

もっと噛み砕くと

弦の押さえ方でした。

 

4の指である小指がうまく使えてない。

脳からの指令が届きにくい指だから

うまくなる人とうまくならない人の差って

ここで決まるようです。

 

 

上手く音が出せないでいるから

無意識に力が入ってしまって

リズムがもたってしまう現象につながる。

 

 

で、

 

どんどんリズムがずれてきて

合わなくなってくる。

 

 

ということで

解決方法としてクロマチックをやることになりました。

 

 

今までは弾く時に

小指を寝かせていたのです。

 

 

 

 

クロマチックをやるときは

きちんとできていたけど、

何かの曲を弾く時は緊張しているせいか

小指を使っていないか、ちょっとサボった使い方になってたりして。

 

 

 

なので

完全に癖になるまで繰り返し

クロマチックの練習です。

 

 

小指を指板に垂直に当てると

力まずにしっかり音が出るけど、

 

 

寝かせてしまうと力を入れないと

うまく音が出せない。

 

 

違いははっきりしているから

自分でも判断はできるのです。

 

先生によると

理想は指をバタつかせないで弾くこと

なのだそう。

 

 

手が緊張した状態でも

すべての指を正しく使えるように。

わかっているけど

できるようになるまでが

なかなか難しい。

 

 

 

あと、このことがあってからか

クロマチックの重要性が

一気にわかっちゃいました。

 

 

 

以前よりもう少し踏み込んで

理解できました。

なるほどなあ!

 

 

ということで練習です。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-06-18 | Posted in blogNo Comments » 

 

ベースのピック弾きの練習曲には残酷な天使のテーゼがオススメ

ベース科 生徒の藤本卓司です。

 

 

ずっと課題だったピック弾きが、

できるようになりました!

 

ダウンピッキングしかできなかった僕が

やっとオルタネイトで弾くことができるようになったのです。

 

 

課題曲に選んだのは

 

『残酷な天使のテーゼ』

 

 

弾いてみると

コード進行はそれほどややこしくもなく

かんたんなアレンジでもカッコよくできる!

 

 

酒葉先生の提案でした。

 

酒葉先生も神戸でのライブで演奏していたので

まさにタイムリーな情報!

 

 

フレーズがかんたんにできるぶん、

リズムが難しいから、いいトレーニングになるのです。

 

ダウンピッキングと

アップピックングを絡ませるから

ちょっと難しい。

 

弦の当て方だけじゃなくて

リズムも理解できてないと

弾けないのですよ。

 

 

つまり、

 

いろんなところに意識が必要。

 

だから、

 

 

そこで先生から言われたのは

「毎日20分、弾いているとこを映像に撮って見せてください」

 

 

そういうわけで

iPhoneで撮影開始!

 

 

初日はテンポ65から始めて

徐々に速めていく。

 

ピック弾きって

音で上手い下手がはっきり出るから

難しいーー・・・!

 

弦に対してピックを平行に当てるって

思っている以上にできてなくて

 

1音ずつ確認しながらっていう

地道な練習。

 

 

 

やっていくと、

左手の指が痛くなっていくのです・・・

 

これ、

ベースを始めたころの感覚だぁ~

 

 

20分以上ずっと弾き続けることって

なかなかないから気づいちゃった。

 

5分程度弾いたら弦から手を放して

少ししたらまた弾くことなら

よくあるけども、

 

 

20分以上の連続の演奏ってほとんどない。

 

 

いい発見したなあ。

 

徐々にできるようになりました!

 

動画を撮るトレーニングを

先生から教えてもらったけど、

かなり効果あり!

 

 

自分の姿勢と動き、

それから音が客観視できるから。

 

 

おかげでピック弾きでも

しっかり音が出るようになりました。

 

 

しかも、練習した曲が、

リズムが少しややこしいものだから

リズムトレーニングにもなったっていう一石二鳥!

 

 

先生のお話しで、

先生は学生時代に1日中弾いていたから

その頃の貯金があるという。

 

だから今はそんなに練習時間が取れていなくても

楽譜を初見でリズムどおり弾ける。

 

弾けなくなったら

また練習期間を作るようにしています。

 

ということでした。

 

 

今回は僕自身の貯金ができたから、

できなくなったらまた貯金を作ってください、

というアドバイスをもらいました。

 

 

僕が練習した課題を弾き始めたら

すぐに「あっ!めっちゃいい!」

 

最後まで弾く必要もないくらい

 

「弾けてます!弾けてます!」

 

 

とお言葉をいただきました。

 

オルタネイトができるようになりました。

 

とりあえずピック弾きの

課題をクリアできました!

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-05-14 | Posted in blogNo Comments » 

 

snowy owl

ベース科の生徒の藤本です。

 

12月初旬の週末、

夜の神戸を歩いてました。

 

いっきに寒くなって閑散とした駅と住宅の間を

冷たい風が少し強めに吹くんです。

 

そしてたどり着いたのは

酒葉先生が出演するライブハウス。

 

僕と同じように観に来た人たちが並んでました。

 

外で。

 

え?

 

もしや、

ここのライブハウスは開演時間10分前まで

開かないの?

 

マジか!?

 

めっちゃ寒いんやけど!

 

15分ほど経過・・・

 

なんとか耐えて中に入ったら

テーブル席がたくさんありました。

 

そうか、ここは激しいロックではなくて

ジャズやPOPSがメインのライブハウスなんだ。

 

ソファに座ってジンジャーエールを飲みながら

ゆっくりしてました。

 

11月のレッスンで先生から

ライブのお知らせを聞いていたのです。

 

新しいバンドを組むことになって

リードが女性サックスのインストバンド

とのことでした。

 

「snowy owl」というバンド。

 

人気もあるようで、

ワンマンライブで超満員。

 

立ち見の人もおられました。

 

そして、ついに

先生を含めてメンバーが登場!

 

次々と曲を演奏していくんですが、

どの曲を聴いても

 

心地いい!

 

ロックにしても

バラードにしても

楽しい。

 

このフレーズがいい、

あの音がカッコいい、

とかではなくて

全体的にまとまってて楽しませてくれました。

 

僕が知り合いのライブを

観に行ったときとは全く違うものが観れました。

 

聞くところによると、

学生時代のミュージックスクールの

先輩後輩の繋がりで組んだバンドだったそうです。

 

メンバーのほとんどが講師をしているとか。

 

だから演奏を聴いてて気持ちいいんだ!

 

挑戦はするけどムチャはしない。

 

リズムに忠実であって、

自分がこうしたいというよりも

まず、バンドとしての音を最優先する。

 

そして魅せるところはしっかり魅せる。

 

先生はこのライブには

「よかったら遊びに来てください」

みたいなノリで誘ってくれたんですが。

 

遊ぶというより、勉強になりました。

 

あとで先生から聞いた話ですが、

ベースの音が満足に出せなかったということでした。

 

僕自身もベースの音がやや小さいなと

思ってはいたのですが。

 

どうやらリハーサルで

ライブハウスの立地の都合上、

ベースアンプの位置が変えられないと

わかったそうです。

 

ベースの音が空間にうまく出てないからと

先生がアンプを動かしたところ、

ハウリングしだしたとか。

 

建物の構造の都合で

アンプの位置はそのままで

音も小さめにしてほしいと

PAさんに頼まれたそうです。

 

そこはPAさんがなんとかしないのか?

なんて思いましたけどね。

 

先生も同じように思いながらも

演奏してたということでした。

 

そんなことはありつつも

楽しい時間でした。

 

途中、リーダーのドラマーさんが

すごくやりたかった曲があったようで

サックス奏者の方がボーカルになりました。

 

イントロはサックスでしたが始まったのは

 

残酷な天使のテーゼ

 

それかい!

 

 

オーディエンスは世代がズレてるんですけど、

それでもこの曲はけっこうウケてました!

 

この年最初のライブが12月っていう

おもしろいバンドだったんですが、

すごく楽しませてもらいました。

 

酒葉先生が勝負所だったという

ベースソロも決まっていて

カッコよかった!!

 

オレもライブやりてぇーーー!!

 

最近は人と合わせることも

めっきり減ってきてる。

楽しみを作りたいな。

 

写真があまり画質よくなくてすみません。

 

ここのライブハウスがあまり写真を撮ってはいけないような空気だったので

静音アプリでごまかしたんです。

 

これが限界です。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2019-01-29 | Posted in blogNo Comments » 

 

ドラクエの勇者になってきました

ベース科の生徒の藤本です。

 

今、ピック弾きができるように練習しているけれど、

少々、仕事でツラいことがあったので

ピック弾きの練習は気が向かなかった。

 

だから何をしようかなと思ったんですが、

時々先生が弾いていたゲームミュージックを

 

弾きたい!

っていう衝動にかられました。

 

それでレッスンではドラクエをやりました。

やったのはドラクエのオープニング曲。

 

はい、ドラクエの勇者になってきました!

レッスンの2時間だけ

ドラクエの世界にいましたよ。

 

オーケストラをベースでアレンジした

YouTube動画を探して

先生に手本を見せてもらいました。

 

先生が即興で耳コピしたフレーズを

教えてもらったんですよね。

 

やってみたら、

難しいテクニックは使わないけども

フレーズがややこしい。

 

なかなか覚えられない。

 

1小節ずつ繰り返して

覚えていこうとしても、

 

前の小節を忘れてしまって

遡って覚え直していく。

 

こんな繰り返しなんですよ。

 

決まったパターンがなくて

常にソロを弾いてる感じ。

なんとかギリギリ2時間で

弾けるようになれた!

 

こんなオーケストラの曲に合わせて

弾きました。

 

いや~、気持ちいい!!

 

曲が華やかな雰囲気だから

気分もスッキリできました!

 

ちょっとしんどい時間だったけど、

弾けるようになったら

心のモヤモヤは吹き飛びました。

 

でもなんでゲームミュージックなのかというと、

レッスンで休憩を取るときに

先生が時々、遊びで見せてくれるんですよ。

 

ファイナルファンタジーや

ドラクエの曲をベースで楽しそうに

弾いて見せてくれるんですよね。

 

先生は僕と年齢が同じだから

ゲームの話も合う。

 

だから話してて懐かしさもあって

盛り上がっちゃうんですよ。

 

僕はあまりゲームをやらせてもらえなかった

家庭だったから、友達がやっているのを

見てました。

 

それでゲームの曲を覚えたんですが、

先生がフレーズを弾きだすと

「あっ」となって

つい聞き入っちゃいます。

 

まあ、ファイナルファンタジーの

クリスタルの曲はベースアレンジでは

しっくりこなくて気づきにくかったんですが。

 

音楽にはこんな解消法もあるから

便利なものですね。

 

実際、ゲームミュージックって

けっこう難しいし、

いろんなアレンジがあるから

材料がありすぎてわからないことが多いです。

 

なのでYouTubeで検索して

やってみたいものを

いくらか先生に見てもらいました。

 

いいな~って

思ったものがあったけど。

 

いや、でもこれ、

難しい~・・・

 

できるんかな・・・?

 

やってみたいと言ったものの、

自信がなくなるような動画。

 

とりあえず先生に動画を

見てもらったままのフレーズを

教えてもらいました。

 

僕の不安は何だったのか、

見事にリードしてくれて

レッスンの時間ギリギリで

全部弾けるようになったんですよ。

 

先生のアドバイスは

いつも適格。

 

え~、これ難しいわ~って思っても

数分でできるようになる。

 

あ!できちゃった!

 

みたいなこと、よくあるんですよ。

 

こんな楽しみ方もあるんだなあ。

 

もっと弾けるようになったら

ゆくゆくはYouTubeで

何か配信しようかな?

 

とか考えてみたり。

 

いつかやってみようと思います。

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-11-19 | Posted in blogNo Comments » 

 

ピック弾きは筋トレに近い

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

ピック弾きがすごくヘタだなと

自覚していたので、

 

ピック弾きでやる曲、

特にオルタネイトピッキングの曲を

練習することにしました。

 

ラルクのセッションを

毎回企画してくれていた方が

仕事の都合でなかなか時間がとれなくなったようなので、

 

ジュディマリの練習をしようと決めました。

 

ジュディマリのセッションは

定期的に行われているようなので、

いいモチベーションになるかな、

なんて思ってます。

 

で、課題はオルタネイトピッキングができない。

 

今までのピック弾きは

ラルクの曲がメインで

ずっとダウンピッキングだったんですよね。

 

だからアップピッキングが

うまくできない。

 

ピック弾きの基本が

今までずっとできずにいたわけです。

 

これはヤバイ!

 

だから

ピック弾きの練習曲として

BLUE TEARSを選びました。

 

もとのテンポ193から

153に落として始めることにしました。

 

でも、アタマで合わせても

だんだんズレてくるんですよね。

 

どうしてもウラ拍でズレちゃいます。

 

なので、

 

アップピッキングができるように

ゴースト音で確認する練習に変わりました。

 

ピックの当て方が慣れてないから

感覚をつかむのに時間がかかりました。

 

弦に当てるときの角度が悪くて

ジャリジャリ音が続いてたんですが、

 

真っ直ぐに当てる意識を持って

 

5分ぐらいやっていったら

 

キンキンという金属音が出だして、

 

リズムがつかみやすくなりました。

 

でも慣れてないことをやるもんだから

すぐ疲れてリズムがずれてくる。

 

こんなときは少し休んでから弾く。

 

そして疲れたらまた休む。

 

そうやって体のアップデートをしましょう、

 

と先生からのアドバイスを受けました。

 

この繰り返しをするんですが、

弾きはじめたときは

ジャリジャリ音が少し出るんですよね。

 

しばらく続けると

キンキンというきれいなピッキングの音が出てきした。

 

繰り返してやっていくと、

弾きだしてから

きれいな音が出るまでの時間が

だいぶ短くなっていきました。

 

こうやって体に覚えさせていく

練習方法を教えてもらいました。

 

右腕がちょっとした筋肉痛のような

感じになるので、

 

右腕を慣れさせる練習でした。

2018-10-02 | Posted in blogNo Comments » 

 

小豆島の島フェスへ

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日は香川県の小豆島で行われる夏フェス、島フェスに遊びに行ってきました。友人のバンドが素晴らしいライブをしていてとても良い刺激になりました。次の日ゆっくりと島を観光してとても楽しめました。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-09-18 | Posted in blogNo Comments » 

 

まさかの阪急百貨店

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日はまさかの阪急百貨店の9Fイベントスペース内で小澄源太+tatalaYAVZのライブペイントでした。普段ライブを見ないであろうたくさんの人にライブを見ていただきとても楽しかったです。これからもっともっと色んな場所でライブをやりたいと思います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-09-11 | Posted in blogNo Comments » 

 

東京渋谷

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日は日帰りで東京でのライブでした。街をぶらついたりはする時間が無くて残念だったのですが、ライブは充分に楽しめたので良かったです。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-09-04 | Posted in blogNo Comments »