blog

ミナミのど真ん中で

どうもドラマーの伊藤繁です。

ミナミのど真ん中の街中でHIP HOPバンドImproveのサポートライブでした。最近のえげつない気温の中ドラムを叩くというなかなかの状態でしたが、楽しく演奏できました。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-24 | Posted in blogNo Comments » 

 

ラルクを弾けるようになるにはスケールから

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

次のレッスンのときに

ラルクの楽譜を持ってきてください

と言われました。

 

リズムやスケールの練習に、

ラルクのややこしいベースラインは最適だと。

 

バンドスコアを1冊持って行きました。

 

先生がパラパラッとバンドスコアをめくってから、

「じゃあ、この中から弾きたい曲を選んでください。」

 

う~ん、弾きたい曲・・・。

 

虹は以前に教えてもらったし、

 

flower、こんなしんどい曲、

もう二度とやりたくないし、

 

winter fallはスケールはわかりやすいけど、

腕がめちゃくちゃしんどい。

 

スケールとリズムの練習になって

弾けるようになりたい曲は、

 

花葬かな!!

 

「花葬ですね!教えてください。」

 

実にややこしいベースですよ。

 

先生に一度、曲の前半部分だけを

弾いてみせてもらえました。

 

「難しいことやってますね。

けど、

基本に忠実にフレーズを作っているから、

スケールをしっかりと身につけたら

弾ける曲です。」

 

ということで、

 

スケールのおさらいをしました。

 

ラルクは見た目はかなり難しいことをしている。

ホントにしんどいフレーズばかり。

 

けれど、よく見てみると

 

ルートとコード・トーンの3種類のオモチャで

発想豊かに遊んでいる。

 

それがうまくできない人は

10種類もの経過音を使いまくって

よくわからないフレーズを作ってしまう。

 

ということでスケールをモノにしましょう!

と先生から言われました。

 

忘れちゃってることが多いから

なかなかできない・・・。

 

でも、また教えてもらうと、

 

ああ、なるほど!

だからこの音を使ってるのか!

 

1回目のときよりも理解が深まる。

 

難しくてできないフレーズの場合は、

無理に弾かなくていい音がわかってくる。

 

だから自分なりのアレンジができて、

 

自分なりのカッコいいフレーズが作れて

 

自分のモノにできる。

 

よし!コレを目指そう!

 

時間をかけて理解しないと

何やってるかわからなくなる。

 

1番から7番のスケール、

これからやっていきます。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-07-18 | Posted in blogNo Comments » 

 

夏本番

どうもドラマーの伊藤繁です。

週末三連休の初日にアメリカ村でtatalaYAVZのライブでした。
今回はメンバーが一人来れなかったのでいつもとは違う特別バージョンでライブしました。準備になかなか手間取りましたが良い一日が作れて大変良かったです。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-17 | Posted in blogNo Comments » 

 

大雨の中

どうもドラマーの伊藤繁です。

先週末の西日本は大変な雨でしたね。自分もライブがあってやれるかやれないか瀬戸際だったのですがなんとか無事にライブをすることができました。本当にありがたかっです。

今年はこれ以上自然災害が起きない事を願います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-10 | Posted in blogNo Comments » 

 

リズムのイメージがつかめない理由

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

ジュディマリの『散歩道』の続きです。

おさらいでイントロから弾きはじめました。

 

前回は先生がメインで弾くことが多かったので、

今回は僕が最初から弾いていこうということでした。

 

最初は難なくリズムよく指が動いたけれども、

キメに入るところでリズムがつかめなくて

何度かやり直し。

 

けれど、何度やってみてもリズムがつかめない。

 

こんなときは

「リズムを歌って弾きましょう」と教えられ、

 

タータタ、タタター

と歌ってみる。

 

リズムを歌えなければ弾けない、

ということはよく教えられます。

 

ただ、今回は歌いにくいというか、

 

どう歌えばいいのかがわからなかった。

 

すると先生から、

「楽譜を見て歌えないのは、楽譜が読めていないからです。」

 

と言われて楽譜の読み方を

教わることになりました。

 

バンドをやっている人で

楽譜が読めない人は案外いるそうです。

 

マズイっ!

僕もそのうちの1人!

 

4分音符や8分音符などの

意味はわかっていても、

 

付点8分音符と休符が絡んだ小節で

リズムが読めない。

 

ん?これ、リズムをどうやってとればいいの?

 

と、こんな感じ。

 

この日のレッスンは、

楽譜を見てリズムを歌う練習に変わりました。

 

先生がホワイトボードに例を書いて、

そのリズムをひたすら歌う。

 

最初は頭を使って少し大変。

なかなかスラスラ歌えない。

 

何回も詰まりました。

 

繰り返し繰り返し。

 

パターンが覚えられたら

 

ちょっとずつ慣れてきて。

 

レッスン終盤はだいぶ歌えるようになりました!

 

でもこれ、少しサボるとすぐにできなくなるな・・・。

 

なんとか習慣にしてできるようにならなきゃ。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-07-03 | Posted in blogNo Comments » 

 

宮崎〜熊本

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日は九州の宮崎と熊本に遊びに行ってきました。
梅雨だというのにカラッと晴れて最高の旅行になりました。
食べ物も美味しいし、自然いっぱいでエネルギーチャージしてきました。これから夏本番、平成最後の夏楽しみたいと思います!

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-03 | Posted in blogNo Comments » 

 

地震

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日の地震はびっくりしましたね。
自宅もかなり揺れたのですが全く被害もなく無事でした。
何年か前にタンスや食器棚を金具でしっかり固定していたのがとても役に立ちました。まだ余震もあるかもしれないとの事なので気をつけたいと思います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-06-19 | Posted in blogNo Comments » 

 

梅雨入り

どうもドラマーの伊藤繁です。

関西も梅雨入りして、すっかり恵みの雨の季節ですね。
梅雨が明ければ楽しい夏が来るのでとても楽しみです。
いくつか夏フェスの出演も決まったのでしっかり準備してのぞみたいと思います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-06-12 | Posted in blogNo Comments » 

 

いきものがかりセッションで思わぬ失敗しちゃった

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

いきものがかりセッションに行ってきました!

 

ベースオントップ東心斎橋店で

20人近くの人が集まって

4時間半もの長丁場。

 

僕は

『風が吹いている』

『ハルウタ』

の2曲にエントリーしました。

だいたい同じ曲を2回演奏するので
4回演奏することになります。
セッションが始まって2曲目で
まず1回目の出番、『風が吹いている』。
とにかく演奏中は様子見。
始まったばかりだから、
みんな、緊張してるなあ。
そう思ってる僕も緊張しながら
最初の演奏は終了。
でも曲を進めていくうちに
全体がどんどん和やかになっていきました。
「わー!この曲、オレから始まるんやんか!」
とギターさんが叫んで
心の準備をしてから始まったら
次の曲が始まるときに、今度はキーボードさんが
「うわ~、緊張する!」
って叫んだりして。
笑い声がどんどん増えて。
そして2回目の僕の出番ですが、
やらかしました!笑
『ハルウタ』の演奏だったんですが、
曲が始まって弾きだしたら
ベースの音が小さかったから、
アンプに近づいてGAINのツマミを
いじって
ベースの音を確認して
弾いたら・・・
拍数を数え間違えたらしく
ボーカル、ギター、キーボードと
音が合わない。
あれ?
この曲ってコード進行が少し複雑で
しかもテンポが速いから
見失った!
フェードアウト!!
やべっ!
進行している雰囲気で
なんとなく音をつかんでごまかし
なんとか戻れたと思ったら・・・また!
今度は、
練習するときに見てた楽譜と
音源ではサイズが違うことをわかってたのに
こんなときにかぎって
サイズの誤差が頭から離れてしまうというヘマ。
フェードアウト TAKE2!!
演奏中に2回もやらかした!笑
曲のクライマックスのキメで
戻れたけど、
結果はぐちゃぐちゃ。
これはもう笑うしかない。
曲が終わってから
隣で聴いてたベーシストさんに
「フェードアウトしちゃいました。」
って言ったら笑ってました。
もしかしたら、

心のどこかで油断があったのかもしれない。

テンポが速い曲なら、
演奏のやり直しをして音量調節すればよかった。
でも、この失敗があったおかげで
次こそは!っていう気持ちが出てきて
レッスンでいつも教えてもらっている
【できないことは無理にやらず1音1音きっちり弾く】
忠実にやりました。
残りの2回の出番は気持ちよく演奏できました。
大きい失敗って
学ぶことが本当に大きい。
……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-06-05 | Posted in blogNo Comments » 

 

堺にて

どうもドラマーの伊藤繁です。

楽しみにしていた主催のイベントが終わってしまいました。
素晴らしい一日になって大変満足でした。また良いイベントが作れるように日々頑張っていきたいと思います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-06-05 | Posted in blogNo Comments »