blog

平成最後の夏

どうもドラマーの伊藤繁です。

お盆ですね。
いつも通り大阪でレッスンさせていただいています。
合間を見て夏休みも満喫しています。奈良の吉野川に遊びに行ったり、話題の映画カメラを止めるなを見たりしてます。
平成最後の夏まだまだ満喫したい!

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-08-14 | Posted in blogNo Comments » 

 

ラルクが弾けるようになるためのスケール練習

おはようございます。

ベース科 生徒の藤本です。

こんなふうに弾けるようになりたい。
https://youtu.be/ppX9k8EXHAk

これ見てて、
弾いてる人は手がでかいな~って思ってました。

ところどころのフレーズは、僕では弾けない。

過去にラルクの曲を練習してて
左腕の筋を痛めたんですけど、
それが癖になったらしくて。

手が小さいから、フィジカル的に
厳しいフレーズはアレンジする必要が出てきます。

そこでアレンジするときに、

どの音を省いていいか、

どの音を弾くべきか、

どの音を使うとカッコよくキマるか。

Fly me to the moonの曲で
ウォーキングのフレーズを作って
スケールを身につける練習をしました。

この曲は、僕がまだまだ理論の理解ができてないときに
教えてもらったんですが、
ほとんど先生の言うとおりのフレーズを作りました。

理論がある程度理解できるようになってから、
今、また作り始めてます。

今までにいろんなセッションに参加してきた分、
指が動くようになって
少しアドリブもできるようになったから、
再チャレンジです。

ラルクの曲って
アレンジの構成がややこしくて
技術的に難しいフレーズも多くて
暗譜ができないことだってある。

それなら自分で弾きやすいように
アレンジできるようになりましょう。
ということで、
先生がFly me to the moonをオススメしてくれました。

正直、ジャズってどれだけ教えてもらっても、
慣れなくてホント時間がかかる。

1小節で使う音を選ぶのに、
ルート音以外の7つの音に全て
「あれ?これでいいのかな?」
っていつも思う。

僕が選んだ音に先生は
「大丈夫。合ってますよ。
音に違和感がないから。」
と言ってくれますが。

ん~、これでいいの?

全体的に半分疑問で弾いてました。笑
正しく選ぶべき音は使ってますが、
まだまだ感覚がつかめません。

ハッキリ言って、
まったくカッコよさがない!笑

ワンパターンになりがちなところもあって、
おもしろさが欠けてる。

弦の位置からみても
物理的に不可能な音もある。

そのときに
「オクターブ上、オクターブ下の
音を使うやり方がありますよ。」
と教えてくれました。

あ、なるほど!

こういった発想力が必要だと
指導してもらってから、

選択する音の幅が増えました。
難しい音はいっさい使っていない。
一気に視界が広がった感じになりました。

やってみると、
けっこうおもしろいです。

次のレッスンで、作ったフレーズを
弾いてみることになったんですが、
最初に弾いてたものより
おもしろい曲が出来上がりそうです。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-08-10 | Posted in blogNo Comments » 

 

今年もオハラブレイクへ

どうもドラマーの伊藤繁です。

去年から連続で出演させていただいている福島県の夏フェスオハラブレイクに行ってきました。
ライブをして、見て、泳いで、食べて本当に最高の夏を満喫してきました。来年もたま行きたい。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-08-07 | Posted in blogNo Comments » 

 

夏祭り

どうもドラマーの伊藤繁です。

今年初の夏祭りに遊びに行ってきました。すごい人ごみで暑さ倍増でしたが夏を感じられて良かったです。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-31 | Posted in blogNo Comments » 

 

ミナミのど真ん中で

どうもドラマーの伊藤繁です。

ミナミのど真ん中の街中でHIP HOPバンドImproveのサポートライブでした。最近のえげつない気温の中ドラムを叩くというなかなかの状態でしたが、楽しく演奏できました。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-24 | Posted in blogNo Comments » 

 

ラルクを弾けるようになるにはスケールから

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

次のレッスンのときに

ラルクの楽譜を持ってきてください

と言われました。

 

リズムやスケールの練習に、

ラルクのややこしいベースラインは最適だと。

 

バンドスコアを1冊持って行きました。

 

先生がパラパラッとバンドスコアをめくってから、

「じゃあ、この中から弾きたい曲を選んでください。」

 

う~ん、弾きたい曲・・・。

 

虹は以前に教えてもらったし、

 

flower、こんなしんどい曲、

もう二度とやりたくないし、

 

winter fallはスケールはわかりやすいけど、

腕がめちゃくちゃしんどい。

 

スケールとリズムの練習になって

弾けるようになりたい曲は、

 

花葬かな!!

 

「花葬ですね!教えてください。」

 

実にややこしいベースですよ。

 

先生に一度、曲の前半部分だけを

弾いてみせてもらえました。

 

「難しいことやってますね。

けど、

基本に忠実にフレーズを作っているから、

スケールをしっかりと身につけたら

弾ける曲です。」

 

ということで、

 

スケールのおさらいをしました。

 

ラルクは見た目はかなり難しいことをしている。

ホントにしんどいフレーズばかり。

 

けれど、よく見てみると

 

ルートとコード・トーンの3種類のオモチャで

発想豊かに遊んでいる。

 

それがうまくできない人は

10種類もの経過音を使いまくって

よくわからないフレーズを作ってしまう。

 

ということでスケールをモノにしましょう!

と先生から言われました。

 

忘れちゃってることが多いから

なかなかできない・・・。

 

でも、また教えてもらうと、

 

ああ、なるほど!

だからこの音を使ってるのか!

 

1回目のときよりも理解が深まる。

 

難しくてできないフレーズの場合は、

無理に弾かなくていい音がわかってくる。

 

だから自分なりのアレンジができて、

 

自分なりのカッコいいフレーズが作れて

 

自分のモノにできる。

 

よし!コレを目指そう!

 

時間をかけて理解しないと

何やってるかわからなくなる。

 

1番から7番のスケール、

これからやっていきます。

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-07-18 | Posted in blogNo Comments » 

 

夏本番

どうもドラマーの伊藤繁です。

週末三連休の初日にアメリカ村でtatalaYAVZのライブでした。
今回はメンバーが一人来れなかったのでいつもとは違う特別バージョンでライブしました。準備になかなか手間取りましたが良い一日が作れて大変良かったです。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-17 | Posted in blogNo Comments » 

 

大雨の中

どうもドラマーの伊藤繁です。

先週末の西日本は大変な雨でしたね。自分もライブがあってやれるかやれないか瀬戸際だったのですがなんとか無事にライブをすることができました。本当にありがたかっです。

今年はこれ以上自然災害が起きない事を願います。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-10 | Posted in blogNo Comments » 

 

リズムのイメージがつかめない理由

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

 

ジュディマリの『散歩道』の続きです。

おさらいでイントロから弾きはじめました。

 

前回は先生がメインで弾くことが多かったので、

今回は僕が最初から弾いていこうということでした。

 

最初は難なくリズムよく指が動いたけれども、

キメに入るところでリズムがつかめなくて

何度かやり直し。

 

けれど、何度やってみてもリズムがつかめない。

 

こんなときは

「リズムを歌って弾きましょう」と教えられ、

 

タータタ、タタター

と歌ってみる。

 

リズムを歌えなければ弾けない、

ということはよく教えられます。

 

ただ、今回は歌いにくいというか、

 

どう歌えばいいのかがわからなかった。

 

すると先生から、

「楽譜を見て歌えないのは、楽譜が読めていないからです。」

 

と言われて楽譜の読み方を

教わることになりました。

 

バンドをやっている人で

楽譜が読めない人は案外いるそうです。

 

マズイっ!

僕もそのうちの1人!

 

4分音符や8分音符などの

意味はわかっていても、

 

付点8分音符と休符が絡んだ小節で

リズムが読めない。

 

ん?これ、リズムをどうやってとればいいの?

 

と、こんな感じ。

 

この日のレッスンは、

楽譜を見てリズムを歌う練習に変わりました。

 

先生がホワイトボードに例を書いて、

そのリズムをひたすら歌う。

 

最初は頭を使って少し大変。

なかなかスラスラ歌えない。

 

何回も詰まりました。

 

繰り返し繰り返し。

 

パターンが覚えられたら

 

ちょっとずつ慣れてきて。

 

レッスン終盤はだいぶ歌えるようになりました!

 

でもこれ、少しサボるとすぐにできなくなるな・・・。

 

なんとか習慣にしてできるようにならなきゃ。

 

 

……………………………………………………………………………………………………….
こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。
………………………………………………………………………………………………………
2018-07-03 | Posted in blogNo Comments » 

 

宮崎〜熊本

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日は九州の宮崎と熊本に遊びに行ってきました。
梅雨だというのにカラッと晴れて最高の旅行になりました。
食べ物も美味しいし、自然いっぱいでエネルギーチャージしてきました。これから夏本番、平成最後の夏楽しみたいと思います!

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-07-03 | Posted in blogNo Comments »