blog

ラルクを弾くために、ジャズで鍛える!

こんばんは。
ベース科 生徒の藤本です。

『酒とバラの日々』の続きです。

前回は5度の音の位置を確認したので、
今回は3度の音を確認しました。


3度の位置は
メジャーコートとマイナーコードで
変わってくるから、


少々、頭を使います。

一通り曲全体を
ルートと3度だけで弾いたら、


次のレッスンまでに
「Fキーでコード進行を覚えてくる」
ということになりました。



こういう練習をすると、
曲全体をTAB譜に頼らなくても
だんだん弾けるようになってくるんですよね。


僕の目標は
ラルクの曲を弾けるようになることです。


ラルクの曲を練習する場合、
TAB譜を見ることが多いんですが、


困難なことが多くて。


僕の手が女性並みに小さいから
どうしても弾けないフレーズが
少なくないです。


過去に無理して
練習したことがあったんですが、


結局、腕を痛めてしまって
整体師の友達に診てもらうということがありました。


こんなことがあって
ああ、僕の場合は完コピしないほうがいいんだな、
と。


だから、



自分が無理なく弾けるように
アレンジが必要なんです。



ジャズはアレンジの力が鍛えられる!

今まで参加してきた
ラルクのセッションでは、
失敗がかなり多いです。

少しずつでも、
ちゃんと弾けるようになりたい!

だから、まずは、ジャズ。

何気に楽しいです♪


………………………………………………………………………………………………………

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

………………………………………………………………………………………………………

2018-05-02 | Posted in blogNo Comments » 

 

ゴールデンウィーク

どうもドラマーの伊藤繁です。

ゴールデンウィークですね。
みなさん楽しんでますでしょうか?
今年のゴールデンウィークはストリートライブや知り合いのドラマーのローディーをやったり、行きたいセミナーに行ったりと充実する予定です。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

2018-05-01 | Posted in blogNo Comments » 

 

主催でイベント

どうもドラマーの伊藤繁です。

先週末は自分達主催でインストバンドを集めてイベントを行いました。
アメリカ村のど真ん中で楽しく盛り上がったので良かったです!

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

2018-04-24 | Posted in blogNo Comments » 

 

ピッキングの課題が見つかった


こんばんは。
ベース科 生徒の藤本です。


『酒とバラの日々』を練習したい、
と先生にお願いしました!


アレンジ力を身につけたいし、
ジャズセッションに参加するときの
レパートリーを増やしたい。



ジャズ曲を弾いたことがあるのは
『枯葉』と
『Fly me to the Moon』
の2曲だけなんですよね。


この少なさでは
まだまだ楽しめない!




ということで
レッスン開始です!


最初はルートだけをたどって
運指を覚えていきました。


大まかにコード進行をつかめたら、


次は全体を通して
3拍目だけ5度の音を弾く


ただ、一部に
音がぶつかるコードがあるので
そのコードはルートだけ
弾く



というところで
ピッキングの疑問が出てきました。


ちょっとだけ、やりづらさがある。

人差し指と中指の長さからすると
弾く弦の位置が合わないから、
スイッチしづらい。


3拍目と4泊目を
2番の中指で一度に弾くのは
いいのだろうか?


いわゆるレイキングです。




先生に聞いてみたところ、
「あまり、よろしくはないですね。
速いテンポで難しいフレーズなら
場合によったら、そう弾いてもいいんですけど


次のコードに移るときに
リズムが崩れやすいです。」


「ああ、やっぱりそうなんですね。」
疑問が出たところですぐに聞いてよかった。


いや~危なかった!
悪い癖がつくところでした。


今回のレッスンで
ピッキングの意外な課題が
出てきました。


もしかしたら
この曲はたくさん課題が
出てくるかもしれない。


ということで、
次のレッスンまで
練習してきまーす。




ちなみに写真のベースは
スタジオでレンタルしたものです。

僕のベースではありません。


……………………………………………………………………………………………………..

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

……………………………………………………………………………………………………..

 

2018-04-22 | Posted in blogNo Comments » 

 

2週連続ストリートライブ

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日もtatalaYAVZで路上ライブをやってきました。外国人の方は路上でも関係なく楽しく踊ってくれるので演奏しながらそれを見ると嬉しくなります。素直に自分を表現できるというのは素晴らしいと思いました。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-04-17 | Posted in blogNo Comments » 

 

上達にジャズはすごい近道

こんばんは。
ベース科 生徒の藤本です。
右の聴力がどんどんよくなってきてます♪
でも調子にのらないように。
耳に負担をかけないように
次のレッスンでは、
ジャズをお願いすることにしました。
ジャズをやるの、楽しみにしてるんですよね。
ジャズというジャンルは、
音楽の理解を深められる、
というのが僕の持論です。
スクールに入るまでは
ジャズに興味持ってなかったんですよね。笑
ROCKとPOPSしか聴いてませんでした。
ところが!
そんな僕がジャズにハマりだしてるんです。
きっかけは
スクールのアンサンブルレッスンなんですよね。
ジャズバンドの活動もされている講師もいらっしゃって、
丁寧に教えてもらえるので、
ジャズのおもしろさが
だんだんわかりだしてきたんですよ。
ROCKやPOPSとちがって
すぐに弾けるようにはならないから、
まずはじっくり理論から学んだんですよね。
ジャズの理論って
なかなか曲者で、

ややこしくて頭使うんですよ。

 

ROCKやPOPSのように
決められたフレーズがあるわけじゃない。

 

めちゃくちゃ自由。

 

でも、自由だからこそ
知識がないと弾けないんですよね。

 

たとえば、Dm7→G7なら

Dm7  1拍目:コードのルート →D
2拍目:コードのテンション9th →E
(またはDからFに行くときの経過音として)
3拍目:短3度 →  F
4拍目:次のコードG7のルートの半音下 →F#

というふうに弾いたりして。

一つ一つ理解するのに
時間かかりました。
ほんとーに、
地味な座学です。
でも理論がわかってきたら、
嬉しいことが次々と起こりだしたんですよ!
☆曲を覚えるスピードが3倍速になった!
☆アレンジが少しずつできるようになった!
☆好きなアーティストのアレンジのこだわりが見えてくるようになった!!!
(はい、この文章もう一度読んでください)
どうですか?
3つめって嬉しくないですか?
ジャズの面白さを見つけちゃいました!
はい、
ということで理論からハマった変わり者です。笑
次のレッスンの曲は「酒とバラの日々」を
希望しました。
あ~、楽しみ♪
……………………

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

……………………
2018-04-14 | Posted in blogNo Comments » 

 

久々の路上ライブ、久々のフェス

どうもドラマーの伊藤繁です。

先日はtatalaYAVZで半年ぶりに路上ライブをやったり、マッカーサーアコンチで去年出させていただいた岡山のフェスに出演したり楽しく過ごしていました。

今週末も近鉄難波駅前で路上ライブ予定です。雨が降れば中止ですが。笑

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-04-10 | Posted in blogNo Comments » 

 

セッション直前の予期せぬプレッシャー

こんばんは。

ベース科 生徒の藤本です。

楽しみにしてたジュディマリセッションの日がやってきた!!


場所は、大阪のスタジオ。


・・・には、
予期せぬ出来事が待っていたんです。


なんと!
主催者の方が
ジュディマリセッションのサークルに
声をかけていたそうで!


そのサークルの何人かが、
セッションに参加することが決まった!
というではないですか。


しかも、
今回のセッションの
参加者の5~6割が、
ジュディマリの大ファンときた!


ということは・・・・・・!


難しい曲を完コピしている
人たちが集まっている!


うわ~~~
どうしよ!!


気楽な気持ちで弾けない!


セッションが始まる前から
一気にプレッシャーに襲われました。 

でも!
この時点であがくことはできない。


練習してきたことをやるしかない!


そして、セッションスタート!


「自転車」から始まりました。


1曲目からジュディマリファンならではの演奏。

予想どおり・・・、


超絶上手い!

リズムが取りにくくて速いフレーズを
さらっと弾いていく!


ええ~~~!!
こんな上手い人たちの次に弾くの!?
イヤやーーーー!


1曲目が終わった。
いよいよ、次は僕たちだ・・・


僕の隣に座っていたドラマーさんが
ポツリと言った。

「あかん、帰りたくなった・・・」


まるで僕の気持ちを
代弁してくれたかのような一言。

その一言で、
すっごい仲間意識が
生まれたというか。

・・・だいぶ気分がラクになれた。笑。


プレッシャーに感じるのは
自分だけじゃない!

よっしゃーー!


半ば開き直ってセッティングです。笑

僕たちの曲は、「そばかす」。


この曲はどうやって入るか
話し合ってるときに、

ジュディマリファンのギターさんが、
ドラムさんに一言。

「4カウントで入って。
ギターとベースが同時に入るから。」

ピンポイントの言葉でした。


さすが!

何度も演奏している曲だからでしょう。
どのようにすればいいか
リードしてもらえました。


イントロが始まって


難なく曲を進行していく!


難しいフレーズは
ややこしいところだけ
ルート弾きをしたけど。


ボーカルも気持ちよく
歌ってたから
ホッとした!


しかし、最後の最後で
不意を突かれた!


それは、
アウトロが終わるところ。

ロックな曲だから
E弦をグリッサンドして
音をグウングウン鳴らせようとしたら、


ギターさんが
ジャジャジャンっと
弾きだした!


イントロとアウトロで
使われてたフレーズを、
少しリズムを遅くして


あ、ジュディマリはこの曲を
ライブでは、
こうやって終わるんだ
と分かって

あわてて音を合わせました。笑


すっげぇ~、冒険した気分!!


やりきれた!

ジュディマリファンには
LUNA SEAやGLAY、ラルク好きも多くて、
話が合うんですよ。


初対面の人が多かったのに、
大好きな趣味が合うから
やっぱり、
数分で仲良くなれちゃった!


今回は、
予期せぬプレッシャーやらあったけど
やっぱり演奏が
うまくいったあとは
最っ高~に気持ちいい!!

セッション中毒です。笑



追伸
右の聴力は良くなりつつあります。
ご心配や声を掛けてくださったり、
ありがとうございます。

……………………

こちらの記事は音楽が大好きな当スクールの生徒さんからの申し出により掲載させて頂いております。講師ブログとあわせてお楽しみください。

………………

2018-04-07 | Posted in blogNo Comments » 

 

和歌山那智勝浦

どうもドラマーの伊藤繁です。

和歌山県の那智勝浦というところでtatalaYAVZとアーティストの小澄源太くんとライブペイントしてきました!地元の方と良い感じに盛り上がれて最高でした!

民宿の一階でのライブだったのでライブ後は民宿でのんびりと過ごせて最高でした。

帰りは海と山と滝を見て少し観光して帰りました。

まだまだドラムレッスンを受けたい方を募集中です!一緒に楽しんで上手くなりましょう!

ではまた。

2018-04-03 | Posted in blogNo Comments » 

 

ふだんの演奏ができないときの対策

 

こんばんは。
ベース科 生徒の藤本です。
右耳の異常が発生するという事態が起きました。
検査の結果は
正常範囲内だったけれども、
放っておいたら
危ない症状でした。
しばらくの間、薬で治療です。

あと、セッションイベントの日が迫ってるので、
主催者に相談してみました。

曲ごとのパートの調整が
決まってきているけれども、

1曲のみの参加に変更することは
できるのか。

そうしたら、
OKをもらえました。
「そばかす」1曲にします。

しかも、「散歩道」と「くじら12号」は
当日ギリギリまで、
演奏するかしないかの返事を
待ってもらえることになりました。

体のことなので、
様子をみながら判断しようと思います。

耳鼻科の先生からは
イヤホンやヘッドホンは避けるように
言われてます。

なので音の確認ができない。

だからできるだけ無難な曲を
選びました。

当日まで はアンプにつなげずに
弦の生音で自分の音を聴くしかないです。

これまで指を怪我したときや、
腕を痛めたとき、

ピックで弾いたり
怪我した指を使わずに
弾いたりするなど、

ふだんの状態での
演奏ができないときの工夫を

アンサンブルレッスンで
教えてもらったことがありました。

今回の場合ですが、
セッションの前日だけ
スタジオで音を出して確認しようと
思います。

2018-03-30 | Posted in blogNo Comments »